2018年 06月 02日

News

Exhibition
●2018.4.27-6.21 "New Japan. Observer effect" @Solyanka State Gallery, Moscow

●2018.6.29 -10.14 「Audio Architecture:音のアーキテクチャ展」@21_21 DESIGN SIGHT, Tokyo
プレスリリース(2018.4.27)

●2018.6.13 - 6.24 「第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」@国立新美術館
『水準原点』がアート部門で優秀賞を受賞、『ことの次第』がエンターテインメント部門で審査委員会推薦作品に選出されました。

イベント
6月23日(土) 10:15-10:30 『水準原点』ギャラリートーク@国立新美術館
6月23日(土) 18:30~22:00 ライブパフォーマンス/トーク:Music×Vision×Story@スーパー・デラックス
事前予約制ですのでご注意ください。

そのほか展示、上映情報はこちら


2018.6.13 - 6.24 "21st Japan Media Arts Festival, Exhibition of Award-winning Works" @The National Art Center, Tokyo.
“Datum point” received Excellence Award in Art Division.
“Koto no Shidai(The State of things)” was selected by the Jury as Jury Selections in Entertainment Division.





# by orikasaryo | 2018-06-02 19:42
2018年 06月 02日

About

Ryo ORIKASA / 折笠良

[Profile]
Born in Ibaraki, Japan, 1986. Graduated from Ibaraki University, College of Education, 2009. Tokyo University of the Arts, Graduate school of Film and New Media, Department of Animation, 2011. Awarded the Fellowship of Overseas Study Programme for Upcoming Artists (La Cinémathèque québécoise, Montreal, Canada) by the Agency for Cultural Affairs, Japanese Government, 2015-2016. "Datum point" (2015) received several awards include the Ōfuji Noburō Award, The Mainichi Film Awards 2015, the Golden Zagreb Award, Animafest Zagreb 2016, the Best Experimental or Abstract Animation Award, Ottawa International Animation Festival 2016. Lives and works in Ibaraki, Japan.

orikasaryo[at]hotmail.co.jp

[Work Experience]
2011.4-2015.3 Bunsei Art University, Research Associate, Utsunomiya, Japan
2012.1-2018.2 Ibaraki University, Lecturer, Mito, Japan.
2017.11 Graduate School of Film and New Media, Tokyo University of the Arts, Lecturer, Yokohama, Japan.

[Filmography]
2011 Scripta volant / Writings fly away https://vimeo.com/141520276
2015 Suijun-genten / Datum Point
2016 Notre chambre / Echo Chamber
2017 Koto no Shidai / The State of Things https://www.youtube.com/watch?v=GoMcern6kbk
2017 Jimen no soko no byoki no kao / Sickly Face at the Bottom of the Ground

[Awards]
SV ASK? Film Festival, Jury Award [Tomohiro Nishimura], 2011, Japan
SV 15th Japan Media Arts Festival, Jury Selections, Animation Division, 2011, Japan
DP Ōfuji Noburō Award, The Mainichi Film Awards 2015, Japan
DP Terayama Shūji Award, Image Forum Festival 2016, Japan
DP Audience Award, Fukuoka, Image Forum Festival 2016, Japan
DP Golden Zagreb Award, Animafest Zagreb 2016, Croatia
DP Jury Prize, Paris International Animation Film Festival 2016, France
DP Best Experimental or Abstract Animation Award, Ottawa International Animation Festival 2016, Canada
DP Jury's Special Mention, Animatou,Experimental International Competition for Best Experimental Short, Switzerland
DP Special Mention (granted by Michał Bobrowski, Programme Director), 6th StopTrik International Film Festival, Slovenia, Poland
DP New Chitose Airport Award, New Chitose Airport International Animation Festival 2016, Japan
DP Best Non-Narrative prize, GLAS Animation Festival 2017, Berkeley, America
NC Minister for Foreign Affairs Award, New Chitose Airport International Animation Festival 2017, Japan
KS Best Music Animation Award, New Chitose Airport International Animation Festival 2017, Japan
DP 21st Japan Media Arts Festival, Excellence Award, Art Division, 2018, Japan
KS 21st Japan Media Arts Festival, Jury Selections, Entertainment Division, 2018, Japan


[Exhibition]
Solo Exhibition
2017.4.22-7.29 “Ryo Orikasa, Drawings”, Au Praxinoscope Gallery, Tokyo
Group Exhibition
2016.12.10-2017.2.5 “19th DOMANI:The Art of Tomorrow”, The National Art Center, Tokyo
2017.12.14 - 2018.2.18 “DOMANI PLUS”, Chiyoda City’s Hibiya Library&Museum, Tokyo
2018.4.27-6.21 "New Japan. Observer effect", Solyanka State Gallery, Moscow

[Screening] ( -2016)
2018.6 21st Japan Media Arts Festival, Exhibition of Award-winning Works" @The National Art Center, Tokyo
2018.6 Animafest Zagreb 2018, Special Program Cinema For The Ear, Zagreb
2018.6 Nippon Connection2018, Music of the visual world:Japanese indie animated shorts, Frankfurt
2018.5 TOKYO ANIMA!2018 curated by Mirai Mizue, The National Art Center, Tokyo
2018.3 GLAS Animation Festival 2018, Official competition, Berkeley
2018.2 31st Filmwinter Stuttgart, Country Focus: Japan curated by Keitaro Oshima, Stuttgart
2017.12 London International Animation Festival, Music Video Session, London
2017.11 JAAP International Short Film Festival, Nofuro Ofuji Award Program V, Shibuya
2017.11 Kyoto International Student Film & Video Festival 2017,“Retrospective: Ryo ORIKASA”, Kyoto
2017.11 New Chitose Airport International Animation Festival, International Competition, Music Animation Competition
2017.10 VOID International Animation Film Festival, Japanese independent animation program curated by Nobuaki Doi, Copenhagen
2017.10 Short Shorts Film Festival & Asia 2017 Autumn. Focus on World-renowned Japanese Directors, Tokyo
2017.9 CAMERA JAPAN Festival 2017 "Short Animation Selection" Curated by Hiromitsu MURAKAMI, Rotterdam
2017.9 Ottawa International Animation Festival 2017, Competition, Commissioned, Ottawa
2017.9 The 13th Indie-AniFest, Asia Panorama, seoul
2017.7 “Tsuki ni hoeru” 100th Anniversary Exhibition, Maebashi Museum of Literature, Maebashi
2017.7 Ryo Orikasa and Tatsuhiro Ariyoshi Screening & Talk, Gallery Nahagura, Nagano
2017.6 16th Countryside Animafest Cyprus, Japan Independent Program curated by Koji Yamamura, Nicosia, Cyprus.
2017.6 Animafest Zagreb 2017, Best of Zagreb Short film competitions 2016, Zagreb
2017.4 European Media Art Festival “Pushing the Dream” Program, Osnabrueck
2017.3 GLAS Animation Festival2017, Non-Narrative competition, Berkeley
2017.2 Monzen Film Festival, Tokyo Anima selection, Nagano, Japan

[Other]
2015.3 Selection Jury Short Animation category, Tokyo Anime Award Festival 2015
2016.6 Animation - performance, Animafest festival in Zagreb2016 https://vimeo.com/170351039
2016.9 Japanese Animators on the World Stage, Screening & Talk, Ottawa International Animation Festival 2016
2017.3.5 GEIDAI ANIMATION 08ZOOM、Panel session:Atsushi Wada, Sarina Nihei, Ryo Orikasa
2017.3.3 Ibaraki university, Eizo-kobo project “Eigaron nante shiranai” Screening and talk
2017.4.29 Talk:Koji Yamamura × Ryo Orikasa at “Ryo Orikasa, Drawings”, Au Praxinoscope Gallery, Tokyo
2017.8.16-8.17 Animation Workshop, Summer school, Image Forum, Shibuya
2018.1.7 DOMANI PLUS Talk event :Yukio Fujimoto, Masahiro Hasunuma, Ryo Orikasa, Chiyoda City’s Hibiya Library&Museum

[Press]
Newspaper
2016.2.16 Mainichi Shimbun “Dai 70 kai Maikon no Kao”
2016.11.24 Ibaraki Shimbun “Yokuryu Shijin no Sekai, Anime ni”
2016.11.25 Yomiuri Shimbun:Ibaraki “Croatia Eigasai, Itako Shussin Sakka ga Jun Guranpuri”
2016.11.26 Tokyo Shimbun:Ibaraki “Shi no Omomi Anime de Hyougen”
Radio
2016.11.23 IBS 「James Hideki Radio Days」Hot voice
TV
2016.11. NHK mito “Ibaraki news-Sekai de Hyouka Anime Sakka Orikasa Ryo san-”
Magazine
2017.1 Geijutsu Shincho "Orikasa Ryo to Minami takao"
Web
2017.4.12 Zewebanim:Top 2016 ... en avril
2017.1 Sight & Sound:The best indie animation of 2016
2016.12.26 Zippy Frames:Blind Vaysha, Nighthawk Top 2016 Animation Shorts
2017.9 “Entrevue avec Ryo Orikasa par David Fortin” Panorama-cinéma
2018.5 Eizo Sakka Hyakunin: Japanese Motion Graphic Creators
(2.6.2018 last-update)



折笠良 / Ryo ORIKASA

[略歴]
1986年茨城県潮来市生まれ。茨城大学教育学部、イメージフォーラム映像研究所、東京藝術大学大学院映像研究科で学ぶ。2015年9月-2016年8月、文化庁新進芸術家海外研修員としてモントリオールに滞在。

orikasaryo[at]hotmail.co.jp

[職歴]
2011.4 - 2015.3 文星芸術大学美術学部 助手(アニメーション専攻), 宇都宮
2012.1- 2018.2 茨城大学教育学部 非常勤講師 (担当:動画像処理初級), 水戸
2017.11 東京芸術大学大学院映像研究科 非常勤講師 (担当:アニメーション構想設計論), 横浜

[作品]
2011 Scripta volant / Writings fly away https://vimeo.com/141520276
2015 水準原点 / Datum Point
2016 Notre chambre (われわれの部屋) / Echo Chamber
2017 ことの次第 / The State of Things https://www.youtube.com/watch?v=GoMcern6kbk
2017 地面の底の病気の顔 / Sickly Face at the Bottom of the Ground

[受賞]
SV ASK?映像祭2011 西村智弘賞
SV 第15回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門 審査委員会推薦作品、2011
DP 第70回毎日映画コンクールアニメーション部門大藤信郎賞
DP イメージフォーラム・フェスティバル2016 ジャパン・トゥモロウ寺山修司賞
DP イメージフォーラム・フェスティバル2016 観客賞(福岡会場)
DP Animafest ザグレブ国際アニメーション映画祭2016 ゴールデンザグレブ賞
DP パリ国際アニメーション映画祭2016 審査員賞
DP オタワ国際アニメーション映画祭2016 最優秀実験・抽象作品賞
DP アニマトウ ジュネーブ国際アニメーション映画祭 審査員特別賞
DP Stoptrik国際アニメーション映画祭2016 スペシャル・メンション(プログラムディレクター ミハウ・ボブロウスキ)
DP 新千歳空港国際アニメーション映画祭2016 新千歳空港賞
DP GLAS Animation Festival2017 最優秀ノンナラティブ作品賞
NC 新千歳空港国際アニメーション映画祭2017 外務大臣賞
KS 新千歳空港国際アニメーション映画祭2017 ベストミュージックアニメーション賞
DP 第21回文化庁メディア芸術祭 アート部門 優秀賞、2018
KS 第21回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 審査委員会推薦作品、2018

[展覧会]
個展
2017.4.22-7.29「折笠良 ドローイングス」、Au Praxinoscope Gallery、東京
グループ展
2016.12.10-2017.2.5「19th DOMANI・明日」、国立新美術館、企画展示室2E、東京
2017.12.14 - 2018.2.18 「DOMANI PLUS 展×日比谷図書文化館:本という樹、図書館という森」
2018.4.27-6.21 "New Japan. Observer effect", Solyanka State Gallery, モスクワ

展示参加
2017.7.22-10.9 「月に吠える」100年展ーここからすべてが始まった、前橋文学館
2018.6.13 - 6.24 「第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展、国立新美術館、企画展示室2E、東京

[上映](2016年までの上映 )
2018.6 第21回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展、国立新美術館 3F 講堂、東京
2018.6 ザグレブ国際アニメーション映画祭2018, 特別プログラム「耳のための映画」、ザグレブ
2018.6 ニッポンコレクション2018, Music of the visual world:Japanese indie animated shorts、フランクフルト
2018.5 TOKYO ANIMA!2018 (キュレーション:水江未来)、 国立新美術館
2018.3 GLAS Animation Festival 2018、オフィシャルコンペティション、バークレー、アメリカ
2018.2 31st Filmwinter Stuttgart,、カントリーフォーカス:日本 (キュレーション:大島慶太郎)、シュトゥットガルト
2017.12 ロンドン国際アニメーション映画祭2017、ミュージックビデオ セッション、ロンドン
2017.11 映文連 国際短編映像祭 大藤信郎を継ぐもの-日本の短編アニメーションその歩みと今、「2000年代以降のアニメーション」プログラム、東京
2017.11 第20回京都国際学生映画祭、折笠良レトロスペクティブ、京都
2017.11 新千歳空港国際アニメーション映画 祭2016 インターナショナルコンペティション部門, ミュージックアニメーションコンペティション部門
2017.10 ヴォイド国際アニメーション映画祭、日本インディペンデントアニメーションプログラム(キュレーション:土居伸彰)、コペンハーゲン
2017.10 ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2017 秋の上映会、「世界が認める日本人監督」プログラム」東京
2017.9 カメラジャパン・フェスティバル2017、短編アニメーションセクション(キュレーション:村上寛光)、ロッテルダム
2017.9 オタワ国際アニメーション映画祭2017, コンペティション, 受託作品部門, オタワ
2017.9 第13回インディアニフェスト, アジア部門 パノラマ, ソウル
2017.7 折笠良・有吉達宏:Screening & Talk、ギャラリー花蔵、長野
2017.6 第16回キプロス・カントリーサイド・アニフェスト、日本インデペンデントプログラム(キュレーション:山村浩二)、ニコシア、キプロス
2017.6 ザグレブ国際アニメーション映画祭2017、アニフェスト2016受賞作プログラム、ザグレブ
2017.4 ヨーロピアン・メディアアート・フェスティバル(EMAF)、Pushing the Dream プログラム、オスナブリュック
2017.3 GLAS Animation Festival2017、ノンナラティヴ部門、バークレー、アメリカ
2017.2 門前映像祭、TOKYO ANIMA!&動く紙芝居プレミア上映、長野

[その他の仕事]
2015.3 東京アニメアワードフェスティバル2015 短編アニメーション部門 一次選考委員
2016.6 パフォーマンス「ペンタゴン」ザグレブ国際アニメーション映画祭2016 https://vimeo.com/170351039
2016.9 Japanese Animators on the World Stage 上映・トーク オタワ国際アニメーション映画祭2016
2017.3.3 茨城大学映像工房プロジェクトpresents「映画論なんて知らない」、上映作品についてのトークと『水準原点』上映
2017.3.5 GEIDAI ANIMATION 08ZOOM、トークイベント「アニメーションの思想地図」
2017.4.29 トークイベント:山村浩二×折笠良、「折笠良 ドローイングス」、Au Praxinoscope Gallery
2017.8.16-8.17 ワークショップ講師、 夏期特別講座サマースクール、イメージフォーラム映像研究所、渋谷
2018.1.1 DOMANI.・明日展PlUS 関連講座「書物/アートという装置、読書という体験」 藤本由紀夫×蓮沼昌宏×折笠良

[プレス]
新聞
2016.2.16 毎日新聞(東京:夕刊) 第70回毎日映コンの顔
2016.11.24 茨城新聞 「「抑留詩人」の世界、アニメに」
2016.11.25 読売新聞 (地域:茨城)「クロアチア・映画祭潮来出身作家が準GP「水準原点」短編部門で」
2016.11.26 東京新聞 (地域:茨城)「詩の重み アニメで表現」
ラジオ
2016.11.23 茨城放送「ジェームス英樹のRadio Days」ほっとボイス
TV
2016.11.25 NHK水戸 茨城ニュースいば6「世界で評価 アニメ作家折笠良さん」
雑誌
2017.1 芸術新潮 2017年2月号 「折笠良&南隆雄 海原から掬いとった2つの世界「19th DOMANI・明日展」より」
Web
2017.4.12 Zewebanim:Top 2016 ... en avril
2017.1 Sight & Sound:The best indie animation of 2016
2016.12.26 Zippy Frames:Blind Vaysha, Nighthawk Top 2016 Animation Shorts
2017.9 “Entrevue avec Ryo Orikasa par David Fortin” Panorama-cinéma
2018.5 映像作家 100人 Japanese Motion Graphic Creators



# by orikasaryo | 2018-06-02 19:00
2018年 06月 02日

第21回文化庁メディア芸術祭受賞作品展

第21回文化庁メディア芸術祭で『水準原点』がアート部門で優秀賞を受賞、『ことの次第』がエンターテインメント部門で審査委員会推薦作品に選出されました。
6/13からはじまる受賞作品展では展示、上映、イベントがあります。入場無料ですのでお時間あればぜひご覧ください。
—————————————————
文化庁メディア芸術祭

<展示 / @国立新美術館 2F 企画展示室2E>
2018年6月13日(水)-24日(日)10:00~18:00 ※金・土曜日は20:00まで※入場は閉館の30分前まで

<上映 / @ 国立新美術館 3F 講堂>
『環ROY「ことの次第」』プログラムG
6月13日(水) 15:10-16:10、6月18日(月) 10:30-11:30、6月20日(水) 14:30-15:30

『水準原点』プログラムH
6月13日(水) 11:15-12:10、6月15日(金) 13:55-14:50、6月18日(月) 11:45-12:40

<イベント>
6月23日(土) 10:15-10:30 『水準原点』ギャラリートーク@国立新美術館
6月23日(土) 18:30~22:00 ライブパフォーマンス/トーク:Music×Vision×Story@スーパー・デラックス
事前予約制ですのでご注意ください。
—————————————————


# by orikasaryo | 2018-06-02 18:08
2018年 02月 19日

「DOMANI PLUS 展×日比谷図書文化館:本という樹、図書館という森」選書

ARTISTS MEET BOOKS 出展作家による選書
(展示期間:2017年12月14日– 2018年2月18日 )

1『石原吉郎セレクション』石原吉郎 著、柴崎聰 編、岩波書店、2016
2『萩原朔太郎写真作品 のすたるぢや』萩原朔太郎、新潮社、1994
3『小説の準備 (ロラン・バルト講義集成)』 ロラン・バルト 著、石井洋二郎 訳、筑摩書房、2006
4『啄木の遺志を継いだ土岐哀果』 長浜功、社会評論社、2017
5『Tsubaki』Aki Shimazaki, Actes Sud、2005 (邦訳: 『Tsubaki 椿』 アキ シマザキ 著、鈴木 めぐみ 訳、森田出版、2002)
6『詩篇アマータイム 』松本圭二、思潮社、2000(現在入手困難なため『詩篇アマータイム 』松本圭二セレクション第3巻、航思社 、2017 を展示 )
7『魂と体、脳 計算機とドゥルーズで考える心身問題』 (講談社選書メチエ) 、西川アサキ、講談社、2011
8『タンナー兄弟姉妹 (ローベルト・ヴァルザー作品集 1 )』ローベルト・ヴァルザー 著、新本史斉 訳、鳥影社、2010
9『アリアドネからの糸』中井久夫、みすず書房、1997
10『ポオ小説全集〈1〉-〈4〉』、『ポオ 詩と詩論』エドガー・アラン・ポオ、阿部 知二、大西 尹明、田中 西二郎、丸谷 才一 、福永 武彦 訳、東京創元社、1974-1979

DOMANI・明日PLUS展の関連企画で本を10冊選ばせてもらいました。
これらは展覧会終了後も日比谷図書文化館で読むことができます。




# by orikasaryo | 2018-02-19 08:00
2017年 11月 29日

「アニメーション構想設計論」テキスト・作品

芸大の授業「アニメーション構想設計論」(2017.11/28-29)で言及したテキスト・作品

●エドガー ポオ「構成の原理」『ポオ詩と詩論』(1979) 福永 武彦 (訳)東京創元社
●ティム インゴルド『ラインズ 線の文化史』(2014)工藤晋 (訳),左右社
●ジョン ノイバウアー『アルス・コンビナトリア』(1999)原 研二 (訳), ありな書房
●トマス ラマール『アニメ・マシーン』(2013) 藤木 秀朗,‎ 大﨑 晴美 (翻訳)名古屋大学出版会
●DVD-宮崎駿『ポニョはこうして生まれた。 ~宮崎駿の思考過程~』(2009) ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
●昼間行雄 (編)『ユーロ・アニメーション―光と影のディープ・ファンタジー』(2002)フィルムアート社
●ピエール エベール 「ロトスコープの三つの時代」Pierre Hébert “Les trois âges de la rotoscopie” (2006) , Pierre Hébert web
●波戸岡景太『映画原作派のためのアダプテーション入門』(2017) 彩流社
●土居伸彰『個人的なハーモニー』(2016)フィルムアート社
●水野勝仁「スケッチパッドで「合成」される世界」(2017) ÉKRITS〈エクリ〉 web
●中井久夫「創造と癒し序説」『アリアドネの糸から』(1997), みすず書房
●山村浩二『創作アニメーション入門―基礎知識と作画のヒント』(2017), 六耀社
●クウェンティン ベル『ヴァージニア・ウルフ伝』(1977), 黒沢茂 (訳), みすず書房
●ノーマン マクラレン『カメラレスアニメーション』, Norman McLaren “Cameraless Animation” (1958), National Film Board of Canada
●レオ スタインバーグ「他の批評基準」1972『美術手帖』1997年1-3号, 林卓行 (訳), 美術出版社
●リチャード ウィリアムズ『増補 アニメーターズサバイバルキット』 (2011), 郷司 陽子 (訳), グラフィック社

●ヤン シュヴァンクマイエル『対話の可能性』(1982)
●ヤン シュヴァンクマイエル『アリス』(1987)
●ヤン シュヴァンクマイエル『アッシャー家の崩壊』(1980) 

●ディズニー プロダクション製作『ふしぎの国のアリス』(1951)
●ボリス ラベ Boris Labbé『Orogenesis』 (2016)
●ピエール エベール Pierre Hébert『Songs and Dances of the Inanimate World: The Subway』(1985)
●ミシェル クロノワイエ Michèle Cournoyer『渇き』Soif (2014) 

●デイヴィッド ブオブ David Buob『UTÖ』(2014)

●ブルース ビックフォード Bruce Bickford『Early Pencil Drawing』(1970s?)
●ヤスミン アフマド『タレンタイム』(2009)
●湯浅政明『夜明け告げるルーのうた』(2017)
●マックス フライシャー『ココのパズル作線』“Puzzle” (1923)
●ノーマン マクラレン Norman McLaren & グラント ムンロー Grant Munro 『マクラレンのアニメーション講座 1-5』“Animated Motion:Part 1-5” (1976-78)
●ボリス ラベ『Any Road』(2015)
●ノーマン マクラレン & クロード・ユトラ Claude Jutra『いたずら椅子』“A Chairy Tale" (1957)
●クリストフ & ウォルフガング ラウエンシュタイン Christoph and Wolfgang Lauenstein『バランス』Balance (1989)
●デイブ フライシャー Dave Fleischer『ココと地球操縦』Inkwell Imps : Koko's Earth Control (1928)

●ジョルジュ シュヴィツゲベル Georges Schwizgebel『技』JEU (2006)

●ヨハン ライマ Johan Rijpma『降下』Descent (2014)
●デイヴィッド ブオブ『家』Das Haus (2011)
●プリート パルン『ホテル E』Hotel E (1992)


# by orikasaryo | 2017-11-29 21:41