2016年 01月 21日

水準原点 / Suijun-genten (Datum Point)(2015)

『水準原点』(2015)
6分41秒 / 16:9 / カラー / ステレオ

詩:石原吉郎「水準原点」 (『水準原点』山梨シルクセンター出版1972年、のちに『石原吉郎全集〈1〉』 花神社1979年に収録)
映像:折笠良
音楽:大和田俊

戦後を代表する詩人であり、シベリア抑留の経験をもつことでも知られる石原吉郎(1915-77)の詩「水準原点」を粘土に刻印、約1年にわたる記録。


"Suijun-genten (Datum Point)" (2015)
6min. 41sec. / 16:9 / color / stereo

Poem::Yoshiro Ishihara
Image:Ryo Orikasa
Music:Shun Owada

Yoshiro Ishihara (1915–1977), who burst upon the scene of Japanese modern poetry in the mid-1950s, is now remembered as a “poet of silence.”
He said “A poem is an impulse to resist writing.” This is an attempt to seek out the landscape from his poem.


e0174193_5564281.jpg


by orikasaryo | 2016-01-21 05:25


<< 大藤信郎賞      臺中國際動畫影展/台湾 >>